薄肉ダクタイル

email

======================================================
以下のタイトルをクリックすると、各項目にジャンプします。
1.薄肉、軽量化の必要性
2.薄肉化の問題点とKS炉を使用したその解決方法
3.製品例
4.参考文献
======================================================
薄肉、軽量化の必要性
薄肉、軽量化の必要性
近年、環境保全気運が高まり、軽量化、省資源化を目的として鋳鉄からアルミ、樹脂等への材料変更が進んでいる。
しかしながらリサイクル性を含めた環境負荷、経済性、強度等を考慮すればこれらの材料に比較してダクタイル鋳鉄の優位性は大きく薄肉化によって軽量化が達成されればそのメリットは大きい。

薄肉化の問題点とKS炉を使用したその解決方法
薄肉化の問題点とKS炉を使用したその解決方法
1) 湯回り
溶湯を鋳型中に流し込む際に肉厚が薄い(隙間がせまい)と、流し込んだ溶湯が鋳型内の空隙(製品の形状)を満たす前に凝固してしまい製品の形状がきれいに出来難い。
KS炉は精錬によって溶湯中の不純物を除去し清浄度が上がるため、湯周りが良く肉厚2mmでも長さ500mm以上湯が回ります。

2) チル化
肉厚が薄いと鋳型中で溶湯が急冷されて早く凝固するため、凝固組織中にセメンタイト(鉄と炭素の化合物で非常に硬くて脆い)が析出し靭性が著しく劣化します。
この現象をチル化と呼びますが形状が出来てもチル化して靭性が劣化すると製品としては使用できません。
KS炉で精錬した清浄度の高い溶湯に炉前処理(接種)を施すことで肉厚2mmのダクタイル鋳鉄でもチル化を防止できます。(特許)

製品例
製品例
製品例
アルミ、樹脂、プレス製缶品等からの材質変更で大きなコストダウンと環境負荷の低減が可能です。

参考文献
参考文献
KS式電気炉溶解技術(PDF)

email

採用情報 お問い合わせ 金属材料の基礎知識 金属材料の書籍・刊行物 金属材料関係機関 金属材料に関する資格 アクセス

木下製作所の特許技術

鋳鉄の精錬技術と装置(KS炉)
国内・海外[米・英・独・韓]
球状黒鉛鋳鉄の薄肉化技術(薄肉化)
国内
球状黒鉛鋳鉄の耐熱性向上技術(耐熱性向上)
国内
鋳鉄溶湯の精錬技術(溶湯精錬)
国内
鋳鉄溶湯中の不純物金属除去技術(マンガン除去技術)
国内・海外[中国]
ページ上部へ戻る